本文へジャンプ

こども発達支援室

第2北総病院 リハビリテーション科 こども発達支援室

"発達のつまづき"を持つこどもさんと、子育てに悩むご家族の生活を支援します!

待合室 待合室

待合室乳児用オムツ交換台

種々の原因によって生じる発達の遅れや歪み(能力の偏り)をもつ乳幼児~学童期のこどもさんに対して、治療教育的アプローチ(理学・作業・言語聴覚療法)を通して、ハンディキャップの軽減を図り、発達促進に努めています。
こどもさんの内に秘めた潜在力を十分に発揮し、希望と夢をもって人生を歩んでいってもらいたいと私たちは願っています。

また、家庭・園・学校など生活の場で生じる様々な行動上の問題を解決できるように家族支援を行い、地域諸機関(保健センター、発達支援センター、園・学校、教育委員会など)とも協力し、こどもさんとご家族のQOL(生活の質)の向上を目指しています。

第2北総病院リハビリテーション科「こども発達支援室」は地域に根ざした信頼されるサポート機関になるために当院の小児療育技術(理学・作業・言語聴覚療法)の現状水準を定期的に情報公開していきます。

※現在、「こども発達支援室」による各療法は保険診療で診療業務を行っています。

理学療法(PT) 詳しく見る 作業療法(OT) 詳しく見る 言語聴覚療法(ST) 詳しく見る 通常のリハビリはこちら

各療法開始までの流れ(完全予約制)

 

リハビリテーションセンター(こども発達支援室)の平成29年度第1回小児リハビリテーション初診申し込み終了のお知らせ 

 平成29年度の第1回小児リハビリテーション(理学療法PT・作業療法OT・言語療法ST)の初診受付の申し込みは7月15日(土)に終了いたしました。当院から初診申込書の受理連絡をお電話させていただきますので、しばらくお待ち下さい。
  今後の初診申し込みにつきましては未定となっておりますが、調整が出来、日程が決まり次第ホームページにてお知らせいたします。ご了承下さい。

※初診診察からリハビリ開始まで長くお待ちいただいている現状を解消し、迅速に皆様のご要望にお応えできるよう、当院では、平成29年4月1日より「第2北総病院附属 小児リハビリテーション事業所 かざぐるま」を開設いたしました。
  「かざぐるま」は、児童福祉法に基づく通所支援事業(児童発達支援・放課後等デイサービス)であるため、「障害児通所受給者証」をお持ちの方がご利用になれます。また、「障害児通所受給者証」をお持ちでない場合もまずは「かざぐるま」にご連絡いただき、ご相談下さい。
「かざぐるま」は随時利用申し込みの相談受付を行っております。
かざぐるまの受付方法は047-402-6665(代表電話)にご連絡下さい。
  未就学(児童発達支援)     担当:星山(児童発達支援管理責任者)
  就学後(放課後等デイサービス) 担当:秋本(児童発達支援管理責任者)までお問い合わせ下さい。
   電話受付時間は①午前9時30分~12時と②午後1時30分~4時30分です。


◎第2北総病院リハビリテーションセンター(こども発達支援室):
  小児神経専門医・小児科専門医の外来で診察を行い、処方に基づき個別のリハビリを行います。また、医師による薬物療法の相談や診断書など各種書類の作成も行います。

◎第2北総病院附属小児リハビリテーション事業所かざぐるま:
児童福祉法に基づく通所支援事業(児童発達支援・放課後等デイサービス)であり、「障害児通所受給者証」をお持ちの方が利用でき、専門のセラピストが介入する集団療育をメインとして、必要性に応じて個別療育(PT・OT・ST)などを行っております。なお、かざぐるまでは医師による薬物療法や診断書等の作成は行っておりませんが、嘱託医の小児神経専門医への相談は可能です。

小児リハビリテーションについてよくある質問

Q1:先着順で申し込みを締め切りますか?
→先着順ではありません。申し込み期間中は、全ての方を受け付け致します。

Q2:初診日はいつですか?
→初診日は電話にてお知らせいたします。完全予約制のため、こちらの指定した初診日と時間帯がご都合の悪い場合は電話にてご相談させていただきますが、他の患者様に変更させていただく場合があることをあらかじめご容赦ください。

Q3:初診時に持参するものは何ですか?
→保険証、乳幼児医療受給券、母子手帳、紹介状(郵送できなかった場合)、過去に発達・知能検査などを行ってる場合に結果のわかる資料(ない場合は構いません)

Q4:紹介状が間に合わない時はどうすればいいですか?
→紹介状が間に合わない場合は、初診申込書の郵送時にそのことを一言記載して送付してください。紹介状が出来次第、初診時やリハビリ開始後にご持参ください。

Q5:希望の療法を2つ以上書いたらどうなりますか?
→ご希望の療法を複数書いていただいても構いません。しかし、医師の判断により必ずしもご希望の療法を処方されるとは限りませんのでご了承ください。

Q6:初診申込書を病院に持参してもいいですか?
→持参していただいても構いません。受付にお渡しください。

Q7:継続的な訓練は土曜日希望ですが、初診申込書を送った時点で受け付けてもらえませんか?
→受付は致しますが、現在平日14時以降と土曜日は大変混み合っております。来院者数が多いため、頻度が大変少なくなり、複数の療法を連続して行うなどの調整が困難で予約が取りづらい状況です。ご了承ください。

Q8:継続的な訓練は平日午後希望ですが、何時まで訓練を受付していますか?
→訓練時間の兼ね合いから、平日は最終16:20までにご来院いただき受付いたします。

Q9:継続的な訓練の際の受診の流れと時間はどのくらいですか?
→受付に診察券を出していただいたあと、リハビリ前に体調が悪くないか医師による問診・診察(リハビリ前診察)があります。その後に、担当のリハビリセラピストと訓練を行います。理学・作業・言語療法共通して、一つの個別療法の所要時間は約40分です(状態によっては20分または60分)。

 

 



 

 

 


 

ページの先頭へ